皮付きの鶏肉がどうしても食べられないのです。その理由は自分は地方の農家の出身で、正月、お盆などの行事の際に祖父が帰省する親族のために、飼っていた鶏をばらしてその肉を使ったお料理でもてなしをしていました。
私はその時祖父の傍らで鶏をばらす作業をいつも見ていました。最初は首をひねられて死んだ鶏の毛をむしり取って丸裸にします。

次に包丁で細かく分けて切っていきます。頭や足以外はほとんど捨てる部位はありません。

祖父がばらした鶏肉を母が料理するのですが、生きている状態から肉にするまでの工程をずっと見ていた私はその肉をとても食べる気にはならずに、それは今でも続いているのです。

私は海藻系が大嫌いです。海藻サラダに乗っている、透明やピンク色のグニャグニャしたものや、茎わかめが絶対に食べられません。
まずは食感が嫌です。こりこり、グニャグニャしていて、口に入れるのが怖いです。
また、海の味がするのが嫌です。
私は小さい頃に両親に海に連れて行ってもらって、浮き輪に乗せられたまま浜より遠いところに置き去りにされました。
両親にしたらただのおふざけだったのですが、私はそのとき恐怖で泣きじゃくったのを覚えています。
それから海がトラウマで怖くて苦手になりました。
そして、その経験から海藻も食べられなくなりました。
これからも食べようとも思いません。

私は茨城県水戸市で産まれたのですが子供の頃からどうしても納豆だけは食べることができません。
他に好き嫌いは特にないのですが納豆だけはだめなんです。親、兄弟は好んで食べています。

納豆は体にいいのに見るだけでも嫌であの匂いを嗅ぐと食欲もなくなりよく父に叱られていました。
結婚して妊娠した時に美味しそうに見え、どうしても食べたくなり食べてみたのですがやはりダメでした。

子供は4人のいますが全員納豆好きです。買い物に行くとそれぞれ自分好みの物を選ぶ程です。これなら癖もないし嫌いな人でも大丈夫という物を頂いたことがありますがだめでした。家族の中で私だけ、不思議です。

小学生の時のお弁当に必ず登場したのが、白飯とサクラデンブだけを海苔で巻くサクラデンブ海苔巻きが大好きでした。
少し角度をつけて巻くと、三角の部分と円の一部が出来るので、6Pチーズのように並べると、まるでお花が咲いたように可愛くて綺麗になります。

この海苔巻きが入ったお弁当箱を開けるのが楽しみで、私もいつか娘が産まれたら同じように作ってあげようと思っていました。しかし、産まれてくる子供は男子三人。さすがにお花の形はいかがなものかと思い、四角に巻いた海苔巻きをお弁当箱に入れてみました。
すると、とても美味しかったと好評でした。ピンクが男子ウケしないとは思いましたが、味さえ良ければ構わないようです。私も未だにこのサクラデンブが大好きで、週に一度は購入してます。

昔バラエティにでていた頃のような梨花ちゃんは、わしゃわしゃしてて、毒舌キャラ?みたいなイメージだったのですが、インスタグラムを見てどんどんファンになりました。

私服がまず、すごくシンプルなのにすごくおしゃれに見えます!もちろん顔もすごく可愛く、髪型とか全て可愛いです。

前テレビにでている姿をみたのですが、すごく自然体だし、絶対にいじってないでしょと言うくらい、今の年齢のおしゃれをしていると思いました。自分もあんな年のとりかたをしたいです。

若くみせようとするのではなく、今の年齢を楽しんでいるようにみえて、すごく大好きです。